SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

ウィズアートのクロッキー講座

千葉県市川市の八幡市民会館にてNPO法人withART(ウィズアート)が月1回開催している人物画講座のお知らせブログです。
初心者歓迎で参加者募集しています。
参加、申込み希望の方は画面左側サイドバー内、LINKSトップの『人物画参加申込みフォーム』よりお願いします。

withART ホームページ アドレス http://with-art.org/
5分クロッキー
0

    7月20日のモデルさんはバレエ経験者で身体が締まっていて

    フォルムが美しい方でした。

    別のポーズへ移行する場合は参加者の様子を見て準備ができるの

    を待ってくれるような優しい気遣いをしてくれる方でした。

     

    線を長く引くこと、大きくて柔らかい陰影を把握することを

    心得ていれば意外と5分でも全体の印象を描くことは容易です。

     

     

    | 解説 | 11:55 | comments(0) | - | - |
    クロッキーとデッサンの違いについて
    0

      クロッキーとデッサンの違いについて

      下の作品はムービングポーズ中にモデルが1分程止まった時のポーズを
      クロッキーしたモノです。描画時間もほぼ同じくらいです。
      クロッキーとは瞬時に対象の全体感を捉え定着していく事です。
      この全体感とは輪郭だけでなく空間や動きを備えた形であり、それを
      フォルムと呼びます。

      絵画を趣味にされている方の多くがクロッキーを短時間のデッサンと
      把握しているようです。ポーズ終了時に「間に合わなかった!」と嘆い
      ている方の作品を拝見すると顔や胸あたりまでは丁寧に描いていても
      腰から下はまるで描いていない方が多くいらっしゃいます。
      またポーズ時間を5分ポーズに設定すると「早過ぎて描けない。」と
      諦めて描かない方がいます。
      描画法がデッサンのままなのでそれは無理ですね。
      クロッキーとデッサンは似ている部分や考え方が重なる部分ももちろ
      んあります。人によって捉え方、考え方も異なるので絶対的な定義は
      無いと言えるでしょうがクロッキー力を高めるためにはデッサン的な
      丁寧な見方だけでは限界があります。
      次回はクロッキー力を高めるトレーニング法について書きます。

      *ムービングとは
       モデルがポーズ中、常にゆっくりと動き続ける事。
       場合によってですが参加者の「stop!」の声で短時間そのポーズで動
       きません。参加者の合図、またはモデルの意思でポーズは崩れて動い
       ていく特殊なポーズです。ムービングを出来ないモデルもいます。

      クロッキームービング214,7.jpg

      | 解説 | 04:22 | comments(0) | - | - |
      クロッキー(パステル鉛筆)
      0

        パステル鉛筆を使用したクロッキー。
        パステル鉛筆は色と線を柔らかく表現出来る画材なので人物クロッキー
        に向いていると思います。
        | 解説 | 19:16 | comments(0) | - | - |